昭和中期:着物姿の祖母

着物姿の祖母(左)と祖母の親戚が写ったお正月の一枚。

祖母はおしゃれな人でした。
朝起きたら身支度をし、出かけるときは必ずワンピース。
生前の祖母を知る人は皆口を揃えて祖母がオシャレだったと言っていました。

「大人になったらべにくらいしなあかんで。」
躾にこだわりのあった祖母には色々教えられました。
いまでも朝起きてパジャマのままでいると祖母に怒られてしまいそうな気がします。

1950年代
大阪市

English
Français