新世界はディープな大阪を味わえることで有名。
ワンカップのお酒を片手にしたおっちゃん(関西では親しみを込めた「おじさん」の呼び名)がウロウロしていますが、元々は明治時代に内国勧業博覧会ないこくかんぎょうはくらんかいの会場敷地として、パリやニューヨークを模倣して市街化された場所なのです。

彼はパリ出身ではないものの、せっかくなので難波のパリへ連れて行きました。

「パリ?エッフェル塔?どこが?」

…ですよね。

2016年5月
大阪府大阪市・新世界

English
Français