Florence Plissart氏が日本滞在中に行なっているプロジェクト。
ベルギー人画家である彼女が日本人女性を被写体にして、言葉や文化の壁を超えて感じたものを描き出しています。
現在このプロジェクトでは、個展開催や書籍化に向け、新たな参加者を募集しています。

Florence Plissartフロランス プリッサー

Femmes du Japon:日本の女性

Florence Plissart | Komorebi “Femmes du Japon: 日本の女性”

Contact

モデルになるには?

「女性」かつ「日本に関わりのある方」であれば、誰でもご参加いただけます。
お住まい・国籍・年齢は問いません。
自由形式の取材(2時間)、肖像画ポートレイト写生(1時間)のモデルとして参加いただきます。
参加場所・参加方法方法は、ご希望をお伺いします。
SkypeスカイプやLINEラインでもご参加いただけます。

参加例

  • ご自宅のお気に入りの場所で趣味に勤しむとき
  • カフェでご家族やご友人と団らんのとき 等

Florence氏は英語・フランス語・イタリア語が堪能です。
日本語しか話せないという方でも通訳を付けますのでご安心して参加いただけます。

特に求める人物像

多様性を生み出すためにも、特に次のような女性を探しています。

ご高齢の女性
  • ぜひとも人生の先輩のお話を伺わせてください。
    ご親族やお知り合いの方をご紹介いただければ、とてもありがたく存じます。
    日本語しか話せない方でも、通訳がいるので安心してください。
20歳以下の女性
  • このプロジェクトを通じて、国際交流をしてみませんか?
    Florence氏は英語・フランス語・イタリア語が堪能です。
    日本語がご希望であれば通訳を付けることも可能なので、ご安心して参加いただけます。
LGBTQの女性
  • Florence氏はLGBTQの話題に敏感であり、偏見を持たず、文化の比較をしたいと考えています。
    「女性」の多様性を表現し、人々に寛容さを呼びかけるためにも、このプロジェクトに参加してみませんか?
ハーフの女性
  • 多様な人種が生きる欧州と比べると、日本で混血児ハーフであることは特別なことでしょう。
    あなたの目に何が映っているのか、ぜひお話を聞かせてください。
スピリチュアルまたは宗教的な生活を送る女性
  • 僧をされている方などにご参加いただければありがたく存じます。
「タブー」を話すことに抵抗のない女性
  • セックスや性、出産経験、あるいは死についてなど普段は避けられがちな話題に対し、抵抗なく意見を述べていただける方。

個人情報保護の観点から、もちろん匿名でも参加いただけます。
ご興味のある方は、Florence Plissartへご連絡ください。

English