ルーヴェンから電車で約40分にあるリエージュ。
彼が仕事のため、母と二人で観光しました。
Liège-Guilleminsリエージュ・ギユマン駅で乗り換え、中心地Liège-Palaisリエージュ・パレス駅で下車。
ベルギーで初めての電車利用でしたが、意外とスムーズに辿り着けました。

到着したのが正午過ぎだったので、ランチを探してマルシェ広場へ。
Mammaイタリアの母」という雰囲気の店員さんを見たというだけでIl Calpacioイル・カルパツィオに決定。
パスタとワインに舌鼓を打った後、目的のビューラン山(Montagne de Bueren)へ向かいました。

ビューラン山は1875年に作られた373段もある、それはそれは果てしなく長い階段。
この日は天候も良すぎるぐらい良く、一部しか影がなかったのでかなり暑い。
途中すれ違ったマッチョな青年たちも辛そうだったので、「この苦しさはワインのせいじゃない」と自分に言い聞かせながら這い上がりました。
汗だくで息をあげながら登り切ったこともあり、頂上から見る景色はとても爽快でした。

帰りはなんとなく見つけた下り道を使ったのですが、城壁の跡らしきところで風情がありました。
次来る機会があれば、体力を養ってから臨みたいと思います。

2018年8月
ベルギー王国・リエージュ ビューラン山

English
Français